So-net無料ブログ作成
検索選択
今日のこころ ブログトップ
前の10件 | -

2個目のマウスピース [今日のこころ]

マウスピースを作り直した。
以前のマウスピースは噛んで噛んで、食いしばって食いしばって、
削られ割れてしまった。

シェルター生活以前に比べたらストレスは格段に軽減しているが、
今でも恐らくは一般的な標準よりストレスは多い。

壁で仕切っても、過去のDVの記憶が消えるわけでもなく、
音や気配で一々ドキリとする。
面倒なことに、気配が無ければ無いで
静かにこちらを窺っているような気がして緊張し続け、
こちらも音を立てないように歩き、水音すら立てないようにと努力する。

つづきを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今回も良しとしよう [今日のこころ]

ストレスによる過食が続いている。
胃が辛いのにまだ食べたい衝動に駆られてしまう。
ここ1か月で体重がドカンと増えた。

相変わらず問題ありのLUKAの学校の講師。
教育者としては疑問だらけ。
人として、社会人としてもどうなのかと、今回の一連のことで疑心が湧く。
その指導のやり方で精神的に追い詰められた娘に、
親は声をかけてやり、日常生活の世話をしてやることしかできない。

よく乗り切ったものだ。

つづきを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

蘇る想い出も [今日のこころ]

LUKAが学校の授業で芝居をした。

卒業式と入学式の司会の出番の間の、公演。
自分のクラスと、別のクラスにも出る。

学生たちの素人劇にありがちな、バラバラのレベル。
下の方を指導することに終始する指導者。
時間ばかりが無為に過ぎる。

疲労困憊。
今までの経験を駆使しても、風邪を引いてしまった。
当日声が出ないのはさすがのLUKAも初めてのことだ。

つづきを読む


タグ:演劇 想い出
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

医師で随分違うのだな [今日のこころ]

通院日。
今回の医師はたった一年で移動。

最初の医師はいかにも古い考えの男性で男が偉いみたいな態度の人で、
主婦が心を病むのは贅沢病だと言わんばかりだった。
恐らく教授で役職付きの偉い人だったので、診察は2回で終了。

2番目の医師は、前の人の直属部下の女性医師で、
「単なる我儘を勘違いして鬱だと思っている」と診断した上司を信じ、
そう思い込んだままだった。
担当は2年ぐらい続いた。
薬を説明なく増やし、
「自分でやらないと」「あなたが変わらないと」ばかりで、
実家の親や姉と同じく、責めてさらに追い込むだけだった。

つづきを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハードル高いな [今日のこころ]

一週間、考え続けた。
求人情報を見て、応募できるかどうか。
仕事していいのかどうか。
仕事できるのかどうか。

一つはDVさん。
とにかく、妻が仕事に行って元気になることを嫌っている。
税金などをケチケチするのが好きで、扶養控除に執着を持っている。
「税金がかかるから働いてもいいが収入の無いようにしろ」
妻は自分の税金を節約するためのツールなのだ。
収入を得た後の税金云々で揉めるのは必至。
そうなったらおそらく間違いなく、生活費は取り上げられるだろう。

つづきを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

誰にも気づいてもらえないが [今日のこころ]

鬱症状がじわじわと進む。

思い返せば、11月頃から家族以外の人とほとんど話していない。
月に一度診察室で医師と少し話すだけだ。
これが最大の原因だろう。
家族と家事だけで社会と接触の無い、先の見えぬ日々。

出掛けはするが、黙って話を聞いて帰るとか、
単に一人でフラフラ歩くとかで、
話をするとか人と接触することが無い。
道行く人は単に風景と同じ。

風景も見ていないかも?
対人恐怖も出てきているので足下ばかり見て歩いている。
スーパーでも見るのは商品(値引きシール)と障害物(棚や人)の隙間。
すれ違うのが怖く、ビクビクして歩く。

そこへ合わぬ薬を飲んだものだから…。

つづきを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

求人情報がチラチラ [今日のこころ]

天気が荒れ模様。
バラバラと降っては、強風で雲が流れ、日差しが出る。
日差しが暖かいと思えば、急に冷たい風で冷えてくる。
一日の間にころころ変わる。
三寒四温どころではないな。

引き続き、不調なようである。

求人情報に目が行く。

掃除。
調理補助。
品だし。

自分のメンタルを悪化させる家事の延長ばかりだ。
勤務時間も不安になる。
斑のある体調と精神状態では毎日決まった時間に出ることが難しい。

月に1回の病院は行けている。
週1回の買い物はなんとか行けている。

が…。





つづきを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

性懲りもなく [今日のこころ]

不調を乗り切るために、正しくは、誤魔化すために。

外へ出てみる。

美術品を見に行く。
見ている間は心が穏やかになる。
日常のハラスメントを忘れ、肩の力を抜きリラックスできる。

が、仕事が恋しくなる。
美術品に囲まれていた仕事が恋しくなるのだ。
もう仕事に戻れないのだという絶望感と共に。

そもそも良いばかりの事というのは少ないのは知っているが、
これではますます社会復帰への複雑な感情が渦巻き、
絶望感にさいなまれることになる。

大人しくした方がいいか…?

つづきを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コントロールから抜けねばならないが [今日のこころ]

自分の場合、鬱症状がひどい時にどうするかというと、
どんな小さなことでも、少し無理することででも、
現時点ですぐに個人で許されている中で手を打てることをやってみる。
他者(家族)の助けなどあるはずもないから一切期待しない。

「何もできていない」「努力できていない」「頑張れていない」
「進歩がない」「勉強ができていない」「すべきことがきちんとやれていない」

そういう気持ちが蓄積されて行き、結果、

「だから自分はダメなのだ」「自分が未熟だ」「悪い奴だ」
「情けない奴だ」「無力な奴だ」「役立たずだ」

という考えがムクムク湧いてきて止まらなくなる。

「そんな奴には存在意味も無いから生きる意味が無い」
「社会に迷惑なだけの存在」

ひたすら自分を追い詰める思考だ。

だから

つづきを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

悪くなる一方なので [今日のこころ]

確かに、
入院前に比べたらすごく快復している。
過去の一番酷い時に比べたら、環境も夢のように改善している。

自分としては改善しているが、世間一般の基準に比較したら、
かなり悪い状態と言える。
普通の人なら「どん底」と表現する状況だろう。

そんな自分が辛いと言っても信じてもらえない。
鬱症状が出ていると言ってもそうは見えない。
モラハラを受けていても、DVを受けていても、物的証拠は無い。
家族によって起きることは、外の社会には見えない。

つづきを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 今日のこころ ブログトップ

にほんブログ村