So-net無料ブログ作成

ドタバタな感じの選挙 [時事に思うこと]

衆議院が解散。
準備期間も無くやってくる選挙。
候補者も政党もドタバタ。

どうしたらいいのかわからなくなりそうだ。
国民はみんな個人の意見で投票に行くのが原則。
個人の意見を届けるために候補者を名指しで投票する。
(当選したら「党の方針」での数の論理で動かれてしまう)
そして比例区で党への投票もする。
(数の論理のさらなる後押し)

なぜなら民主主義だから。
数が多いほうが勝つ。

政党に属さないと資金が得られない。
大企業に就職したほうが得して儲かるのと同じこと。

なぜなら資本主義だから。
資金が多いほうが勝つ。

個人の集まりとしての数の論理が欲しいなと感じる。

個人の意見を個人が代表して議会へ持ち込み、
国民の生活について、日本の行く末について個人の代表として会議してほしい。

人間の社会だからピラミッド型になるのは仕方ないだろうが、
不安定な生活が続く我々は少数派だろうか?

なんだか矛盾しているな。

ドタバタの選挙公示前。
候補者たちは政党へ政党へと集合体になりたい様子。

自分は、国民、皆様などと十把一絡げに見られたくないな。
辛い思いをして生きている人が一人でも少なくなった方がいい。
例えそれが国民の少数だと言う人がいても。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

にほんブログ村