So-net無料ブログ作成
検索選択

自己再評価5 [今日のこころ]

希望

希望や欲は良くないものだと思い込んでいた。

「欲するのは悪いこと」
「他者の欲と希望を叶える以外の生き方は過ちだ」

家族のご都合主義の擦り込みにやられていたらしい。

実際は、人は「欲」や「希望」が無いと生きられない。
希望や欲を持ち、行動することは人が生きるために当然必要なこと。
家族に代表される他者に許可してもらうことではなかった。今後は単に他者に服従し、奉仕するのではなく、
対等な感覚を身につけたいと思っている。

DVさんのことについては、
なんとなく心情として理解できるところも、まだできないところもある。
しかし、
無理に理解して、早急に今の状態を改善しようとは思わない。
ずっとべったりだったので、今は別々に近い生活をすることで、
お互いが自分の心のペースを取り戻す時間を作っているつもりだ。
DVさんがその目的を理解できないのはわかっているが、
そういう環境で過ごすことでDVさん自身にも何か変化が出るやもしれない。

いずれにしても、時間と距離で、何か動きがあるのではないかと。
時間と距離が悪化させるものもあるだろうし、
改善するものもあるだろうと思う。

自分の心には、
この家庭内別居のような生活は明らかにいい影響を及ぼした。
奴隷から人間になり、
自己を振り返り、反省した。
これからは、過去から未来へ進む瞬間の今を生きる人になれそうだ。

自分の内面が他者に振り回されることなく、自由で自然な状態で、歩む。
自分が人であること、自分が存在していることが自然の状態として
許し受け入れられること。

これが、自分が求めてきた人としての当たり前の幸福。

蓋を開け、二重底の下まで開けてひっかきまわしたパンドラの箱。
一番底にはちゃんと希望のかけらが入っていた。
かけらからだろうとなんだろうと、拾い出して心に植えたら、希望は育つ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

にほんブログ村