So-net無料ブログ作成
検索選択

自己再評価4 [今日のこころ]

欲。

人と争ってまで何かを手に入れようとする気持ちは、無かった。
仕事など、自分の損得のためならスパッと引いてきた。

ただ家族の意のままにして、自分の考えや感情を無視し続けたら、
知らぬうちに自分の心と体が蝕まれてしまっていた。

自分にとって、幸せとは何か。

自分の心の中に自由さをきちんと感じられるようになること。
心の解放を感じること。

自分の欲は、個人的な心の中の自由さに絞られているようだ。

飲みたい、食べたい、眠りたい、寒さを凌ぎたい…。
そういう衣食住のレベルに高いものを求めていたわけでは無かった。
自分にとっての最低限があればよく、
今までどんな時も最低限はあったから生命維持がなされてきた。

生活を変えた後、少し買い物を増やした。
物価が高くて同じ量を買っても食費が増えたが、
今までのように自分の食事を減らすのではなく、食べるようにした。
以前とは違うことを試すために、自分の物も買うように心がけてみた。

結果、どう感じたか。

必要なものが手に入る時があるのは気持ちが縮こまらななくていい。
食べ物は、食べさせるというのではなく分け合えるのが嬉しい。
一人で街へ出てウインドウショッピングするのは気持ちがいい。

自分は買ったもの、食べるものを欲していないらしい。

「もの」じゃないのだ。

欲しているのは、心の中の自由、ゆとり、豊かさ。

たぶん、今までそれをずっと求め続けてきたのだ。
無かったのは家族が決めた決まり事を守ってきたから。
それを嫌だと押し通して自分の好きに振る舞ったら、
良心の呵責や罪悪感が心に入り込み、自由さを失うからだ。

自分に恥じることのない、曇りのないすっきりした心でいたいわけだ。

小さいようで大それた欲を持つ人間だった。

手に入れるのが簡単そうで難しい。

過去を丁寧に見て行った結果として、
自分の心の中の自由さを感じられる日が来る可能性があると思っている。
自分が過去に歩いてきた道は、
未来にこの欲を満たす可能性がある道だという気がする。

欲とは生きる目的、生きる力でもある。

他者にそんなに迷惑かけなさそうな欲でよかった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

にほんブログ村