So-net無料ブログ作成
検索選択

自己再評価3 [今日のこころ]

比較対象

自己確認作業をして過去をしっかり認識して整理して進むと決めて、
うだうだ汚い部分ばかりを狙って掘り起こし、再認識してきた。

お陰様で、ほぼ、整理がついてきた気がするなと思っていた矢先に
自己再評価2のつづきの出来事があった。

他人の評価に縛られるところがあるというのを再確認。
しかし、
これからはそこに縛られないように生きようと決意もさせていただいた。

幸と不幸を決めるのは本人で、その基準も人それぞれ。
比較対象をどこにするかによっても異なる。

その違いを他者と比較するための出来事で、
そこから学べということだと思った。
普段はしないことをやってみなくてはならない時もある。

その人と自分の違いは何だろうか。
その人は、まず、人と人とを比べる。
人の持ち物を比べる。
(こういうふうに、必要な時には確かにやらねばならないと思う)

自分は、まず、過去の自分と今の自分を比べる。
自分の心を比べる。

その人は、過去でも今でもなく、先を見て進んでいくのだと言う。
今を見ていたら、堂々巡りして先に進めないと言う。
(解釈の仕方によっては一理あるなと思う)

自分は、自分の過去の事実確認のために過去を見た。
それから見えてくる未来を見る。
それをつなぐものとして大切にするのが「今」だ。
過去の積み重ねが今で、今の積み重ねが未来だと思っているから。

努力して世の標準と言われるようなものとも自分の過去を比較したが、
自分は人そのものは無論、人の幸せ、人の持ち物を比べられない人間だ。
比べる事ができる人はある意味で他者をよく観察している人なのだ。
他者が何を着ていても、何を持っていてもまず目に入らない自分。
何とも比べようがない。

鈍くて情けない。
が、考えようによっては意外にお得なタイプなのかも?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

にほんブログ村