So-net無料ブログ作成
検索選択

自立したい…願望 [シェルター生活]

不景気だ。

DVさんの会社は仕事が無いらしい。
年明けから新年度が動き出す5月の連休明けまではよくあること。

とは言っても、数年ぶりのこの仕事の無さ。

シェルター生活になってからは、
仕事が無いのになんとなく出勤する日もあるようだし、
仕事という言い分で用を済ませに行く日もあるようだ。
なぜか休みと言いたくないらしく、休みを知らせるのを遅らせる。
「今日は予定変更で」「明日は在宅する」
嘘で仕事だと装うことは以前からよくあったが、
当日変更、前夜変更というのはメンタルに来る。

結婚前は真逆を装っていたが、
本当は、人付き合いが嫌いで引きこもり傾向が強く、
家が大好きのはずのDVさん。

「仕事しているんだ」とか言ってごみ溜めのような部屋に籠り、
作業が早いほうではないので、事務仕事も時間がかかるのもわかるが、
往々にして、ボーっとして、音楽かけて、ゲームして、マンガ読んで…。
つまり、本当は休日なのだ。
「家にいてもすることないからつまらん」

転居したら急にそんなことを言う。

「お前は家でなんでもすることがあるだろうっ!!」

かつて何度も怒鳴りつけられたものだ。
仕事がしたい、友達に会いたい、近所の人と挨拶したい、
自由にスーパーに買い物に行きたいとなるたびに。
掃除などの家事も全部許可制、監視監督付きだった。
テレビもパソコンも
「留守中に点けているんじゃないだろうなっ?!」

シェルター生活でDVさんが家がつまらないと感じるのは、
妻をいじめる楽しみが無くなったからだな。
今、思い返せば、
家でDVさんが楽しそうにしていたことと言えば、それだけだったから。

そして、またしても…ここ2か月、
会社の仕事が無いのを理由に、収入の一部を着服して渡さなかったDVさん。
その間、指摘したらまたひどい目に遭うと思って悩んでいたのだが、
子どもたちの授業料が払えないので致し方なく、先日請求した。
理由が授業料ということで、
本当に全額かはわからないが、いくばくか入れてもらえ、
わずかながら支払いの足しにすることができ、なんとか未払いを防いだ。

メンタルを回復して、早く社会復帰して経済的に自立したい。

「どうでもいいや、どうせ無理だし、存在していても仕方ないし」
「何も考えられない」
その状態から、「自立したい」という願望を持てるようになった。

とりあえず、メンタル的には前に進んでいるようだな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

にほんブログ村